RSS | ATOM | SEARCH
銅板屋根の意匠を勉強に行きましたよ

お邪魔したのは福山市の神勝寺、受付がある建物の屋根を見に行きました。

 

神勝寺は禅と庭のミュージアムと言われており、このお洒落な建物の他にも、瞑想体験のできるミュージアムやギャラリー、精進料理を食べたり、温泉まであるアミューズメントパークのようなお寺でしたよ。

 

肝心の屋根ですが、銅板を手加工して仕上げてありました。

 

棟回り仕上げも特に難しい収めにしてあるわけではありませんね。

 

厄介な出窓周りの雨仕舞も、捨水切りを使えば何とかなりそうです。

 

神勝寺は、この建物のように今風のデザインで仕上げた物と、昔からある寺社建築の建物が混在していて、不思議な空間になっていましたよ。

 

日帰りの弾丸見学ツアーでしたが、たまにはこうした変わった屋根の仕上げを見に行くことも、良い勉強になりますね。

 

ではでは、明日もご安全に!

 

 

 

author:shiono-bankin, category:建築板金, 22:28
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://blog.shiono-bankin.com/trackback/338