RSS | ATOM | SEARCH
雨漏りの原因が分からない事がありませんか?

奥出雲町で破風板が傷んでいるので見てもらいとの依頼を受けました。

 

現場を見ると、破風板の一部分が劣化しています。

 

下から見ても、一部分だけが傷でいて原因が分からないとのことでした。

施主さまが大工さんと相談して破風板と雨樋を変える話になったので、板金屋さんを呼ばれたそうです。

 

 

屋根に上がってみると、原因は一目瞭然…

屋根勾配が緩くて軒先から水が回り込み、水切りの繋ぎ目から雨漏りをしていました。

 

破風板が傷んだので新しく取り換えようという話でしたが、傷みが出たそもそもの原因を直さなければ、結局ののところまた同じように不具合が出てしまいます。

 

原因さえ確定できれば対処する方法は沢山ありますので、もし雨漏りの原因が分からなかったり、なぜ建物が傷んでいるのかわからない?といった心配事があれば、ぜひ板金屋さんに相談してみてくださいね。

 

ではでは、明日もご安全に!

 

 

 

 

 

author:shiono-bankin, category:建築板金, 11:38
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://blog.shiono-bankin.com/trackback/337