RSS | ATOM | SEARCH
アルミ製玄関ポーチにガルバリュウム鋼板製の雨樋を掛けました。

出雲市内の某銀行ですが、玄関ポーチから落ちる雨水を何とかしたいとの依頼がありました。

玄関にはアルミ製一体型の樋が掛かっていましたが竪樋も付いておらず、雨降りは水跳ねが大変そうでしたよ。

 

 

ガルバリュウム鋼板製の雨樋を取り付けました。

元々付いていた玄関ポーチは雨樋を取り付けれる形ではなかったのですが、樋を受ける金具を加工しなおして雨樋を新設しています。

 

アルミ製の外観にマッチしたシルバー色の雨樋を取り付けて作業は完了です。

竪樋も取り付けましたので雨が降っても汚れることが無くなりましたし、外観も施主様のイメージ通りで喜んでいただくことができましたよ。

 

一見すると雨樋が取り付けられないような庇でも、金具を加工することで雨樋を新設できるかもしれませんので、気になるところがあれば板金屋さんに相談してみてくださいね。

 

ではでは、明日もご安全に。

 

 

author:shiono-bankin, category:建築板金, 16:27
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://blog.shiono-bankin.com/trackback/336