RSS | ATOM | SEARCH
本年も宜しくお願い致します。

新しい年が始まり、先週末から弊社も仕事を始めさせていただきました。

昨年は私の所属する出雲商工会議所青年部活動の比重が多く建築板金に関する情報の発信が思うようにはできませんでしたが、今年からは改めて様々な新しい情報を発信していきたいと思います。

 

建築板金業界の今後の展望ですが、これからますます板金職人の需要は増えていくと思います。

建築業界全般に言えますが、どの現場も職人さんの不足が問題となっており今後ますます職人さんの仕事が多様化していくのではないでしょうか。

これまでは板金屋さんは板金工事、大工さんは大工事と専門特化して分業していたものが、職人不足により一人の職人で行う仕事の範囲がどんどん広がっています。

 

弊社としても板金作業だけでなくそれに付帯した木工事や防水工事など広い範囲で作業が行えるよう、本年も職人さんの育成に力を入れていきたいと思います。

 

ではでは、本年も宜しくお願い致します。

 

 

author:shiono-bankin, category:建築板金, 17:51
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://blog.shiono-bankin.com/trackback/335